マタニティの姿を残す

妊婦

近年、妊娠した女性が妊婦の姿を写真に収めるマタニティフォトが流行しています。マタニティフォトがあることで、妊娠中の幸せな期間を思い出に残すことができ、産まれた子供にもお腹の中にいた頃からちゃんと愛していると伝えることができます。マタニティフォトは、お腹が目立ち始めた妊娠7~9ヶ月頃に撮影することがおすすめです。もっと早い時期の場合、あまりお腹が目立たないので、一見するとマタニティフォトとわかりにくくなることがあります。また、臨月の場合、いつ赤ちゃんが産まれるのかわからないことから、予約にも慎重になってしまいます。マタニティフォトを撮影する際には、七五三の時期や、入学式の時期などを外すことで、予約が入れやすくなるのでおすすめです。

マタニティフォトは、お腹を強調して見せるものなので、横向きで撮影することが多いです。衣装も、お腹を強調するために露出することや、マキシ丈のワンピースがおすすめです。マタニティフォトは、妊婦さんだけで撮影することもありますが、パパやペット、家族なども一緒に撮影することもあります。マタニティフォトの写真は通常の写真スタジオでも撮影可能ですが、専用の写真スタジオなどもあります。専用のスタジオの場合、多くの妊婦を撮影していることから、どのように撮影すると、より美しく撮影できるのか把握しています。スタジオやカメラマンでも写真の雰囲気が大きく変わってくるので、スタジを選ぶ際には、実際に撮影された画像を見ることで、撮影後の雰囲気を知ることができます。様々なスタジオの情報を集めて、自分のイメージを固めて依頼することがおすすめです。